化石研の紹介  

化石研ニュース

例会・総会

会誌・出版物

博物館へのリンク

入会案内

   

  第150回例会(鹿児島)が開催されました

第150回例会が2018年11月10日(土)・11日(日),鹿児島市で開催されました.
 10日は13時から,鹿児島大学理学部101講義室で,シンポジウム「3次元データとその解析に関する研究の最前線」が行われました.前半は,3題の講演が行われました.化石や現生動物の形態を詳細に3次元的に検討することから,食性や環境の復元を行う研究や,形態発生と系統進化の検討を話題とした講演がありました.後半は,2題で足跡化石の3次元的記載技術の検討と,恐竜および長鼻類が変形して保存された不完全な標本からの3次元復元の講演がありました.いずれも新しい手法や3D技術を駆使した新知見が示され,熱の入った討論により,終了が予定時刻の17時を10分ほど超過しました.参加者は24名でした.その後,学内の生協レストラン「ガロア」で,懇親会を行いました.
  11日は10名が参加して,10時から12時すぎまで,鹿児島県立博物館の見学でした.最初の本館では,3階の今年リニューアルされた「鹿児島の人びとと自然のつきあい方」と2階の「鹿児島の自然」を見学しました.別館宝山ホール4階の「化石展示室」では,南北アメリカ大陸の,いろいろな化石が展示されており,その図録を参加者全員に分けていただきました.それぞれの分類群について,その分野を研究している参加者からコメントがありました.また,展示されていた種子島の西之表象について,発掘に携わった会員から,当時の発掘のようすや,その後の研究成果についても,お話しがありました.
 この例会に参加していた2名の学生さんが,これを機に化石研究会に入会申込みをされました.嬉しいことです.今回の例会全般を企画され,会場や運営全般についてお骨折りいただきました,鹿児島大学の仲谷英夫会員に感謝申し上げます.


シンポジウムのようす

鹿児島県立博物館本館3階

懇親会での記念写真

鹿児島県立博物館分館「化石展示室」

第150回 例会のプログラム 

  • 期日:2018(平成 30)年11月10 日(土)午後~11(日)午前
      
  • 会場:鹿児島大学理部(11/10)・鹿児島県立博物館(11/11)
      
  • 全体の日程など:
      
    • 11月10日(土)13時30分~17時(シンポジウム)
      • シンポジウム「3次元データとその解析に関する研究の最前線」
            会場:鹿児島大学理学部 1号館1階 101 講義室
            鹿児島市郡元1-21-35 (市電2系統「唐湊(とそ)」から徒歩5分)
      • 懇親会(18時~20時) 会場:鹿児島大学生活協同組合「ガロア」
          
    • 11月11日(日)午前 ・鹿児島県立博物館の見学
      • 見学先:鹿児島県立博物館(入場無料)
          鹿児島市城山町 1番 1号(市電 1系統・ 2系統「天文館通」から徒歩7分)

      当日のプログラムは、下記のニュースをご覧下さい。
      化石研ニュース 133号
      (2018年10月17日発行)



「学芸員の重要性についての声明」を公表 2017年4月25日
 

化石研究会会誌(新刊)

第51巻第1号(2018年6月刊行)の目次を掲載しました。

創設50周年記念出版
「化石から生命の謎を解く--恐竜から分子まで」

化石研究会編・朝日新聞出版(2011年4月)


私たち化石研究会は,
化石を地質学,古生物学,生物学,生命科学,医学,歯学,鉱物学,水産学など
いろいろな角度から研究し,その成果をこれらの分野のメンバーで共有し,
化石をさらに新しい見方で研究しています.

化石研究会に入会ご希望の方は,化石研究会会則をお読みになり,
入会申込書にご記入の上,下記へご送付ください.

入会申込書    化石研究会会則

Adobe Reader(PDFファイル用)
 

〒370-2345 群馬県富岡市上黒岩1674-1
群馬県立自然史博物館 地学研究室内 化石研究会事務局

お問い合せは: 化石研究会事務局(このメール)